47都道府県リスト一覧!県庁所在地と県番号について

47都道府県リスト一覧!県庁所在地や都道府県タイピングについて
みれい

47都道府県リストを見たい!

今回の記事ではこのような声にお答えしていきます。

47都道府県リスト一覧を暗記することで、県庁所在地は何があったっけ?と、ド忘れしなくなります。

また、47都道府県は学校の社会科テストに頻繁に出る内容。知っておいて損はありません!そこで今回は、47都道府県や県庁所在地と県番号をまとめます。

目次

47都道府県リスト・県庁所在地・県番号一覧!

県番号・都道府県・県庁所在地をまとめた、47都道府県一覧です。

県番号都道府県県庁所在地八地方区分
1北海道札幌市北海道地方
2青森県青森市東北地方
3岩手県盛岡市東北地方
4宮城県仙台市東北地方
5秋田県秋田市東北地方
6山形県山形市東北地方
7福島県福島市東北地方
8茨城県水戸市関東地方
9栃木県宇都宮市関東地方
10群馬県前橋市関東地方
11埼玉県さいたま市関東地方
12千葉県千葉市関東地方
13東京都東京関東地方
14神奈川県横浜市関東地方
15新潟県新潟市中部地方
16富山県富山市中部地方
17石川県金沢市中部地方
18福井県福井市中部地方
19山梨県甲府市中部地方
20長野県長野市中部地方
21岐阜県岐阜市中部地方
22静岡県静岡市中部地方
23愛知県名古屋市中部地方
24三重県津市近畿地方
25滋賀県大津市近畿地方
26京都府京都市近畿地方
27大阪府大阪府近畿地方
28兵庫県神戸市近畿地方
29奈良県奈良市近畿地方
30和歌山県和歌山市近畿地方
31鳥取県鳥取市中国地方
32島根県松江市中国地方
33岡山県岡山市中国地方
34広島県広島市中国地方
35山口県山口市中国地方
36徳島県徳島市四国地方
37香川県高松市四国地方
38愛媛県松山市四国地方
39高知県高知市四国地方
40福岡県福岡市九州地方
41佐賀県佐賀市九州地方
42長崎県長崎市九州地方
43熊本県熊本市九州地方
44大分県大分市九州地方
45宮崎県宮崎市九州地方
46鹿児島県鹿児島市九州地方
47沖縄県那覇市九州地方
みれい

青のフォントは、県名と異なる名称の県庁所在地です。

都道府県(とどうふけん)とは?

都道府県(とどうふけん)とは、日本における地方行政区画の一つ。日本全国を47の地域に分け、それぞれが都道府県と呼んでいます。

各都道府県は地方自治体としての権限を持っており、地域の行政・教育・保健・福祉・公共交通など重要な役割を担います。

みれい

都道府県ごとに独自の特産品や文化、観光地があり、個性が光っている点が魅力!

県庁所在地とは?

県庁所在地とは、その都道府県の地方行政の中心地。都道府県の庁舎が存在する都市や町のことを指します。

県の行政機関や関連施設が集まり、行政の運営や政策の立案が行われます。

みれい

地域の経済や文化の拠点であることが多いので、人口も多い傾向があります!

\人口が多い県ランキングを確認/

都道府県番号とは?

都道府県番号とは、日本の都道府県を識別するための番号のこと。日本の都道府県は、北海道から順番に1から47まで番号が付けられています。

番号は、都道府県を瞬時に識別するために様々な場面で利用されています。

みれい

皆さんが住んでいる県の番号を、確認してみてください!何番かな?

八地方区分について

日本の地理的な区分方法の一つに、八地方区分があります。八地方区分は、地域ごとの特徴や特色をもとに、日本の地域を八つの大まかな地方に分ける方法です。

四季の移り変わりをはっきりと感じられる美しい自然景観、歴史的な文化が残る地域など、様々な特徴があります。同じ「日本」とはいえど、異なる文化が共存していることに驚きますよね!

みれい

各地方ごとの風土や文化を、楽しめます!

まとめ

今回の記事はいかがでしたか?

47都道府県の名称と地方区分の特徴を覚えると、旅行先を決める時にもかなり便利。日本に対する興味がそそられますね!

ぜひ、全て覚える際に参考にしてください!

47都道府県リスト一覧!県庁所在地や都道府県タイピングについて

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアして飛騨高山の魅力を伝えよう
  • URLをコピーしました!

楽しい旅行計画をお手伝い!

みれい

旅行計画ができると、
パートナーに喜ばれます!

旅行計画の立て方7STEP
後悔の少ない旅行選びをしたい方必見
旅行計画アプリ
格安プランを自動で検索!
旅行に必要な持ち物!【女性編】
嬉しいチェックリスト式◎
クレジットカード最強の2枚とは?
組み合わせを紹介
旅行予約サイトを適当に使うのはもったいない?
おすすめの旅行サイトから予約しよう!
飛騨高山20選
飛騨高山の観光スポットまとめ20選!

この記事を書いた人

10年以上過ごしてきた飛騨高山を中心に、観光向けのブログを書いています。旅行で幸せな思い出をつくれるよう、様々な魅力を伝える事に尽力します。

目次